コミュ障によるワーホリ奮闘記

しゃにむに遠近す

ネパール

【エベレスト・トレッキング回想録】バンダーラ〜ケンヤ〜セテ【3日目】

投稿日:

バンダーラ~ケンヤ〜セテ2575m

行動時間 6時間45

曇り、時々雨

この日の朝食もおかみにポリッジでいいよね、と言われポリッジに。砂糖をかけるといい感じに甘くなり美味しくなりました。砂糖を入れたミルクティーも飲み、エネルギー補給が完了したところで出発。総額は950ルピー。

バンダーラから谷を降りていき集落をひとつ通り過ぎると、川のそばにでる。ここに分かれ道が3つもあって、どこにいこうか地図とにらめっこした結果、川の左手の大きめの道を進むことにしたんですが、なんか間違ってる気配がしたので2kmほど引き返したところ、地元の人がいたので聞いてみたら普通にあってました。4km多めに歩くことになったけど、まあ、こんなもんですよね。

しばらく歩いた後に、山腹を下って行くのですが、この道がなかなかに気持ちのいい道で、歩いていると楽しくなってきました。この日は午前中は天気もよく、谷の合間から遠くに高い峰々が見えた時は思わず歓声を上げてしまいました。山腹を下ると川沿いの平坦な道をしばらく歩くとケンヤ?ケンジャ?という町に着きます。この町は車も入って来れるため比較的大きかったです。ポリスチェックがあり、名前やパスポート番号等をノートに書きます。特にお金とかはとられません。

ケンヤからセテまではひたすらの登りです。ここでも写真とってくれ子供に遭遇。飴と引き換えに写真を撮ってあげました。この登りは辛かったですね、途中で腰が悲鳴をあげていました。ケンヤをでて3時間半、セテには昼過ぎに着いたので、時間的には次の町まで行けそうでしたが、肉体的疲労を癒やすためにセテに泊まることにしました。

セテにはロッヂが2つ?あるみたいですが、1つはしまっていたので見かけはボロボロのロッヂに泊まることに。ここで噂のバケツシャワーを浴びました。浴びてる時はすんごく気持ちいいですが、浴びた後の寒さは尋常ではなかったですね。これを最後にトレッキング中はシャワーを浴びていません。

夕飯は相変わらず問答無用でダルバート。アクの強い草も毎日食べてると美味しく感じてきました。ここも夕飯の時間が遅かったうえに電気が止まっていたせいで暗闇の中黙々と食べました。なぜか、ロッヂの家族が見守ってくれてるせいでかなり気まずかったです。

前日に同じロッジに泊まったイギリス人のトーマスともここで再会。まあ、コミュ障なので大して会話もしませんでしたが。

気持ちのいい朝。道にはマニ石と呼ばれる岩がいたるところに。右側を歩かなければいけないそうです。

進んで、引き換えして、また進んだ計3回も通った道。

道を塞ぐ子ヤギ

大ヤギ

牛さん。ヤク?

奥にうっすらと雪山が見える

飴と引き換えに写真を撮る。けだるそう。

飴と引き換えに写真を撮る。奥の少年の表情が良い。

奥に見える集落がセテ。ケンヤからはおよそ3時間半。



-ネパール,
-,

Copyright© しゃにむに遠近す , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.