コミュ障によるワーホリ奮闘記

しゃにむに遠近す

ネパール

【エベレスト・トレッキング回想録】チュクン〜チュクン・リ〜ディンボチェ〜ロブチェ【11日目】

更新日:

チュクン4730m~チュクン・リ5540m~チュクン~ディンボチェ~ロブチェ4928m

晴のち曇のち雪

行動時間 8時間50

朝はミューズリー。部屋代は200ルピーのはずなのに、食事の注文数が少ないという理由で300ルピーに。口論するのも面倒なので払いましたよ。総額は1210ルピー。

まずはチュクン・リを目指す。5000m超えるとヤバイですね笑。息を深くしつつゆっくりと登っていきました。途中のビューポイントとの分かれ道以降からガレ場になるのですが、不安定な岩が多いので結構危ないです。道もはっきりしてないので、私も迷いかけました。危険だと思ったら無理して登らず引き返すべきだと思います。私は引き返す途中で正規ルートを発見できたのでそのまま登りましたが。640分に出発、チュクン・リには930分着でした。

チュクン・リからの眺めは最高です。あのローツェ南壁が眼の前に迫って、大迫力です。圧倒的な存在感 アマ・ダブラムも相変わらずカッチョイイ 日本を出る前に友人からもらったファンタをここで開封 お前のファンタは標高5500mで飲んでやったぞ どんなもんじゃい という謎のテンションでした。 (ただでさえ寒いのに、ファンタが冷たくて体が冷えるというね)

下りは楽ですね。サクッとチュクンまで下れました。途中でこれまた日本から持ってきたアルファ米をおにぎりにしていただく。味付けはヒマラヤンソルト。旨い。頂上でのんびりしてたこともあり、チュクンに着いたのは1120分。

ディンボチェまでも歩きやすい道ということもあり、スイスイっと到着。時間は1225分、チュクンからディンボチェまで1時間で歩いたことになりますね。ディンボチェにステイする予定でしたが、ロブチェまで行くことに。

ディンボチェからロブチェまでは大きな仏塔あたりから登り、尾根まで出たら、前方に広がる台地をひたすら歩くことになります。人が全く通らないので不安になりながらもペリチェからの道に合流。合流すると人が増えました。合流後トゥクンというロッジが1つ、2つあるだけの村に14時着。そこからが大変。ひたすらに登りが続きます。しかも、途中で雪まで降り始める。視界が悪かったですが、メインルートということもあり、迷うことなくロブチェに15時半に到着。ちなみにロブチェに入るときに500ルピー取られます。

夕飯はダルバート。おかわりできるのが嬉しいですね。ここではY下さんという日本人に会いました。なかなか面白い経歴をもつ方でした。彼とは3日ほど行動をともにしたり、しなかったりしました。

夜は寒いですね。エマージェンシーシートでどうにかなんとかなりましたが、やっぱり寝袋は必要です

ゴラクシェプに泊まる予定がある人はここで水を多めに汲んでいくといいです。ゴラクシェプでは水は買うしかなく、1L 400ルピーもしますので。

快晴!鳥とアマ・ダブラム。

右の黒いピークがチュクン・リ。左の丸いピークはビューポイント。

チュクン・リとビューポイントの分かれ道から。右の丸いピークがビューポイント。こちらの方が楽で簡単そうなのでチュクン・リは危なそうなのでパスと言う人も楽しめます。

頂上から。ローツェ南壁。

頂上から。

頂上からアマ・ダブラム。右下がビューポイント。

ヌプツェと彩雲

ファンタ!!

チュクン

赤い草

おにぎりを食べる

ディンボチェのパゴダ

ディンボチェの上にある台地。崩れた石垣がイカス。

トゥクンからの登りのラストには門っぽい感じになってる。

ロブチェに到着



-ネパール,
-,

Copyright© しゃにむに遠近す , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.