コミュ障によるワーホリ奮闘記

しゃにむに遠近す

タイ

【旅行会社】バンコク、タオ島間の移動はロンプラヤでいいのか!?【比較】

投稿日:

2018年7月にタイのタオ島にダイビングをしに行ってきました。

【タイ】タオ島ではじめてのスキューバダイビング【お値打ち】

タオ島へはバスのチケットと船のチケットが一緒になったジョイントチケットを使って行くのが手軽なのですが、安いチケットだとバス内での盗難被害にあうとか、ないとか…。

以下はタオ島にあるダイビングショップ、ブッダビューのサイトからの引用

◆ 高速船利用のバンコクからのジョイントチケットは現在ロンプラヤ・カタマラン1社のみ
カオサンから出発するバスでもう1社「ソンサーンエクスプレス」というバス+ボートジョイントがありますが車内での盗難多発しています。
ソンサーンバスのご利用はお勧めできません。

私は、往路は比較的安心と言われているロンプラヤ社で行き。復路はロンプラヤ社よりも250バーツ(約800円)程安いソンサーン社を使いました。

個人的には安い会社でも問題なく感じました。

ちなみに、バスと船を乗り継いで行く方法以外にも飛行機でサムイ島まで行き、そこから船でタオ島に行く方法もあります。リッチな方は早いし楽なので飛行機で行くのもありかと。

ロンプラヤ社の夜行バスでタオ島へ

値段は片道1100バーツ(約3500円)です。(2018.07)

ロンプラヤ社へのアクセス


バンコクオフィスはバックパッカーの聖地と呼ばれるカオサンにあります。ロンプラヤ社のすぐ南にある通りがカオサン通りです。

集合もオフィス前になるので、タオ島に行くことが決まってるならカオサン周辺で宿をとっておくといいでしょう。

出発日当日は荷物をオフィスで預かってくれるので、カオサン通りを身軽に散策できます。

バスは微妙、船は快適

東南アジアでよくあるVIPバスではありません。座席間は狭く、快適とはいえませんでした。

朝の2時ぐらいにサービスエリアで休憩がありました。

港に着いたのは4時半とかでしたが、船の出発は6時半なので2時間暇を持て余します。周辺には特に何もありません。(5時頃にコンビニと簡単な食堂は開く)
とはいえ、港じたいは小奇麗でベンチもたくさんあるので快適に過ごせると思います。

船は揺れも少なく、高速船ゆえか2時間ほどでタオ島に到着しました。

帰りもロンプラヤ社を使いたい人は船の発着場でチケットが買えるので、予定が決まってない人はバンコクで往復のチケットを買う必要は特にないです。

余談:タオ島のタクシー

船を降りるとタクシー攻撃にあいます。タオ島のタクシー料金は決まってるらしく、ドライバーはみな値段の書かれたプラカードを持ってますが、値下げは可能です。1/3から半額ぐらいにはなります。

ソンサーン社の夜行バスでバンコクへ

ソンサーン社のHP

https://songserm.com/

タオ島には大量の旅行代理店があります。バンコクまでのジョイントチケットは大抵850バーツ(約2700円)です。チケットを買ってしまったあとで800バーツのところも見つけたので、徹底的に節約したい人はしらみつぶしに探してみるといいかもしれません。

臭い港で4時間、バスを待つ

ソンサーン社の船はロンプラヤ社と違い高速船ではないせいか、それとも港が遠いせいか、4時間ぐらい船に乗っていました。天気のせいもありますが揺れが若干あり、めったに酔わない私がすこし気持ち悪くなりました。

ソンサーン社のフェリー

港は臭かったです。

しかも、船が港に着いてからバスが出発するまでに4時間もあり、それを知らされるのが船を降りた後だったために乗客はみな驚いていました。

付近には何もない上に、待合室はエアコンもなく、野犬が出たり入ったりするなどしていたので、250バーツの差をひしひしと感じていました。
私は待合室のテレビでやってたスタートレックの映画を見ながら暇を潰してました。

バスのクオリティはなんならロンプラヤ社よりも良かったです笑。

バンコクに着いたのは朝の5時頃でした。カオサンの直ぐ側に停まります。

780バーツのチケットも存在!?

タオ島後にバンコクで滞在したホテルの壁にタオ島まで780バーツでいけるチケットの張り紙がしてありました。

はたして無事にタオ島にたどり着けるのか…!

カオサンにも大量の旅行代理店があるので探せばもっと安く行けるかもしれませんが、値段が下がれば快適さも下がる気がします。

結局のところ貴重品の管理は自分でするので…

盗難に関しては自己責任の面が強い気がします。預け荷物にPCやカメラも含め、貴重品は入れないというのは旅をする上では当たり前ですので。

なので、ロンプラヤ社を使うメリットとしては安全面よりも、快適さにお金を払ってる感じでした(バスはどっちもどっちでしたが)。

節約できるなら不快でも結構! なバックパッカーはソンサーン社でもいいと思います。250バーツあったら3食食べられますからねえ。



-タイ,
-,

Copyright© しゃにむに遠近す , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.